小原建設

和のテイストに満ちた趣のある空間、家族を優しく癒す天然素材の心地よさ

2世代住宅

薪ストーブ

ダブル断熱

盛岡市のF様邸は、それぞれのプライバシーと生活時間を尊重し合う、玄関から水回りまで完全分離型の2世代住宅です。家づくりの夢を小原建設に託した理由についてご主人は、「構造見学会を行なっている業者さんが少ないなかで、見えないところまでしっかりと見せています。また営業の担当者を介さずに、直接設計士さんと打ち合わせし、いろいろ提案していただけることもあって、小原建設さんを選びました」と話しています。
建物の外観と親世帯が暮らす1階は和のテイストに満ちた空間です。外壁は塗り壁で、玄関周りには丸窓のある目隠し壁と木の格子をしつらえるとともに、玉砂利を敷くなど、伝統的な趣のある表情でお客様を迎えています。
室内は、木のことを知り尽くしている小原建設ならでのぬくもりに包まれた空間です。1階全体の床とリビングなどの天井にはキリを使用し、ご家族からは「床があたたかく、冬でも裸足で歩けます」と好評を得ています。ほかにも大黒柱には新潟から取り寄せたスギ、掘りごたつのテーブルには希少な霧島杉など、贅沢なほどふんだんに高級木材が使われています。
天然素材へのこだわりは木材だけではなく、玄関やリビング、和室の天井や壁は全て、調湿性に優れたシラス壁で仕上げています。職人さんの手仕事によるくし引き模様やコテの目模様を場所ごとに使い分けることであじわいのある大人の空間を演出しています。
リビングの薪ストーブは炎が見えるタイプで、周囲の壁には大谷石を使用。リビングと一体感のあるテラスでは、バーべキューなどでご家族の笑顔が広がります。
ご主人は「ダブル断熱のおかげで冬でもあたたかく快適です」、奥様は「帰宅すると木の匂いがして、ぬくもりを感じます」と住み心地に満足の様子です。

Housing Data
設計 小原建設
施工 (株)小原建設
床面積 1F床面積 101.85㎡
2F床面積 101.85㎡
延床面積203.7㎡
構造・規模 木造在来工法・2階建て